訓練コースと費用|ヘリコプター・飛行機 パイロットの夢叶えませんか~免許取得からお仕事まで~
  1. TOP
  2. 訓練コースと費用

訓練コースと費用

パイロットの免許取得からお仕事まで 訓練申し込み・資料請求はこちら

訓練コースと費用について

海外航空留学 概算料金

航空留学は諸事情により頻繁に料金が改定されますので、詳しくは個別にお見積させていただきますが、おおよその料金は下記の表を参考にして下さい。

 

<参考料金表>
2016年 6月

内容と概算料金 取得目安
アメリカ 自家用回転翼 約190万円
自家用固定翼 約130万円
2ヶ月
  • ※ 多発限定、計器飛行証明等は個別対応となります。ご相談下さい
    ※ 基本的に現地での滞在費や現地までの交通費等は別途必要になります。
    ※ 料金・コース設定は諸事情により予告無しに変更・廃止される場合があります。
    ご希望の免許の種類、日本をどれくらいの期間離れることが出来るか、取得後の免許の活用予定、英語力の自己評価、その他ご希望などをお聞かせいただければ最も適していると思われる留学先にてお見積させていただきます
日米一貫事業用操縦士コース 概算料金

多少英語力が必要になりますが、訓練費の安いアメリカで自家用免許を取得し、さらに日本の事業用免許取得に必要な時間付けまで実施。帰国後に本格的に日本事業用訓練を実施します。

事業用回転翼
(陸上単発ピストン・タービン)
訓練時間計 182時間 コース料金概算
972万円
R22
R66
94時間
8時間
R22 80時間
事業用固定翼
(陸上単発)
訓練時間計 221時間 コース料金概算
約682万円
C152
C172
111時間
40時間
C172 70時間
  • ※ 米国留学分は為替相場等により変動いたしますのでその都度お見積もり致します
    ※ 留学に掛かる諸費用(航空券・現地生活費等は別途必要です)
    ※ 料金・コース設定は諸事情により予告無しに変更・廃止される場合があります。
日米一貫事業用操縦士コース 概算料金   新設!

これまで日米一貫コース場合のフライトはアメリカからスタートしておりましたが、本コースでは基礎訓練を日本で実施し、単独飛行を終えた後に渡米します。日本での基礎をやっておくことで最終目標である日本の事業用操縦士資格取得までの技量・知識向上をスムーズに行います。

2016年 6月

事業用回転翼
(陸上単発ピストン・タービン)
訓練時間計 178時間 コース料金概算
約1067万円
R22 30時間
R22
R66
60時間
8時間
R22 80時間
  • ※ 米国留学分は為替相場等により変動いたしますのでその都度お見積もり致します
    ※ 留学に掛かる諸費用(航空券・現地生活費等は別途必要です)
    ※ 料金・コース設定は諸事情により予告無しに変更・廃止される場合があります。
国内訓練コース料金(仕事両立訓練コース)

仕事を続けながら訓練したい方、海外に行きたくても時間があまりない方、英語に自信がない方、事業用免許を効率良く取得したい方など様々な方に支持されている訓練コースです。事業用回転翼タービン限定など限定拡張が必要な方以外はすべて国内で訓練を行ないます。

もちろん現在の仕事を退職されて事業用に挑戦したい方も選択可能です。

2016年 6月

自家用回転翼 R22
100時間
コース料金例
約654万円
自家用固定翼 C172
100時間
コース料金例
約557万円
事業用回転翼 国内
R22 155時間
コース料金概算
約1208万円
アメリカ
R66 10時間
B22 5時間
事業用固定翼 C172
210時間
コース料金例
約1141万円
  • ※ 上記は消費税まで含めた料金例となっております。
    ※ 料金・コース設定は諸事情により予告無しに変更・廃止される場合があります。
日本事業用操縦士コース料金

既に自家用免許をお持ちで事業用申請に必要な機長時間付けなどの準備がお済みの方のコース料金は下記を参考にして下さい。

(時間付けが必要な方は免許を取得した国、お持ちの飛行時間内訳をご連絡下さい

2016年 6月

事業用回転翼 R22
80時間
コース料金例
約530万円
事業用固定翼 C172
70時間
コース料金例
約400万円
  • ※ 上記は消費税まで含めた料金例となっております。
    ※ 料金・コース設定は諸事情により予告無しに変更・廃止される場合があります。

訓練申し込み・資料請求

訓練申し込み・資料請求


パイロットの免許取得からお仕事まで 訓練申し込み・資料請求はこちら

このページの先頭へ